咽頭感染にも注意

The man is bored

淋病の感染経路は主に性行為によるものです。淋菌自体はかなり強い感染力を持っているのですが、粘膜から少しでも離れたタイミングで急激に感染力が弱まりますので、性行為が特に危険ということになります。
とは言え、外部的な要因で感染する可能性もゼロではないので、便器やタオル等にも気をつける必要があります。
成功胃の粘膜接触で感染するということは、コンドームさえ正しく利用しておけば、感染の危険性はかなり下がります。コンドームは淋病以外にもさまざまな性病を予防する効果があります飲んで、妊娠を目的としていない場合は必ず着用するようにしましょう。
淋病にかかっている方が感染していない人とコンドームを使わずにセックスを行った場合、その感染確率は5割近いので、かなり感染の危険が高いといえます。コンドームなしで行為を楽しむ場合は最新の注意を払う必要があります。

淋病の感染経路は性行為が主なので、コンドームさえ付けていれば絶対に大丈夫と思っている方も非常に多いのですが、そういった方に限って感染してしまう可能性が高いです。
実は淋病の元になる淋菌は、咽頭にも感染します。咽頭に感染した淋菌はオーラルセックス時にも伝染することがあります。特に女性が咽頭に感染している場合は症状が乏しいので、オーラルセックス時に感染冴させてしまう危険性が非常に高くなっています。時にキスなどでも感染してしまうこともあります。オーラルセックス時にもコンドームを使えば感染は防げますが、オーラルセックスはそのままやってしまう方が多いかと思いますので、常にさまざまな感染経路に注意しておきましょう。

Copyright © 2016 男性が恐れる性病、淋病について知ることで危険を回避しよう . Design by www.alltemplateneeds.com .